大手航空会社のANAでは、株主優待制度があります。一定条件でANAの株式を保有する株主に対し、国内線の運賃や、ANAグループが運営するホテルの宿泊料金などが割引価格になるといった特典を享受できます。
ANAでは株主優待の権利確定日が年に2回あり、3月31日までが株主優待券、9月30日までなら株主特別優待券が発行されますが、どちらの券もほぼ同じ効力を持ちます。
お得な株主優待券は人気がある一方で、特にANAのサービスを利用する予定はなく、ANAの株式の保有が目的、配当目当ての人には株主優待券を受け取っても、あまり意味のないものになります。
この場合にはANA株主優待券買取のできる、金券ショップへ売ってしまうのがおすすめです。株主優待券は受け取った株主だけしか使えない訳ではなく、所持している人なら誰でも使うことが可能です。この特徴を利用し、ANA株主優待券買取で、お得に処分する株主は多く存在します。
また、国内線の片道運賃が50%も割引になるANAの株主優待券は、旅行が趣味の人やビジネスマンなどにとても人気があり、ANA株主優待券買取を行っている金券ショップの需要も高くなっています。
街中や駅前にある金券ショップに売りに行くのもよいですが、インターネットの金券ショップでも郵送で買取ってくれます。インターネットの金券ショップに売る場合だと、送料や振込手数料がかかることが多いですが、買取価格によっては送料が無料になるケースもあります。
中にはオークション形式で売ることができるサービスのある、金券ショップも存在します。在庫が少ない時や帰省・旅行シーズンといった需要の高い時にオークションを利用すれば、普段より高値で売れる可能性があります。