株主優待は様々な企業が持っている株の中でも、特に個人向けの優遇策となっています。個人向けというのは、例えば家庭で使うことを想定しているような商品が届いたり、個人で使える量の商品や金券が届くというものです。もちろん個人でも株式投資への予算が潤沢な人ならば、こういった株主優待でも貰える金額は高くなりますし、もらえる商品の量も増える傾向があります。
このため、確定日前にはこうした株主優待サービスのある株式人気があります。
この時、株式の確定日が非常に重要なものになります。
確定日とは、その人がその企業の株を持っているという権利を持っているかどうかを決める日です。主に年に1回から2回、だいたい末日に権利確定日があります。とはいえ、実際に株主優待をもらうためにはその数日前の「権利付き最終日」に所定の株を持っている必要があり、この日に一定以上の株を持っていなければ、株主優待を受けることができません。これはその月の指定された権利確定日より3日前となっています。
このため、この頃にその企業が持っているチームが優勝したりすると、結構株価もアップします。というのもその企業は優勝したことを記念してセールを行ったり、優勝したことでその企業が一時的に注目され、株価もアップする傾向があります。権利確定日より少し前におめでたいということで株価が上がると、株主優待目当ての人たちのぶんもプラスされてさらに傾向としてアップすることがあります。
いちがいに言うことはできませんが、最近は特に個人投資家向けの株主優待が多く、さらにそれに優勝セールでの様々な商品の値引きなどを行えば、更にそのお得度合いは高くなります。これを狙う個人投資家も結構いると聞きます。